頚椎椎弓形成術について

手術の方法

  • 頚の後ろを切開します。
  • 骨(椎弓)の真ん中を、歯医者さんが歯を削るのと同じような道具で、上から下まで溝を掘ります。
  • 椎弓と関節の境目を左右両側削ります。このとき骨は全部削らずに、わずかに残します。
  • 削って薄くなった部分を蝶番にして、椎弓を左右に開きます。これで脊髄の圧迫が解除されます。
  • 切り取った棘突起を細工して、開いた椎弓の間にはめ込み、骨の中を通した糸でしばり固定します。
  • 筋肉や皮膚を元の位置に縫い合わせます。
  • 手術時間は骨の硬さなどによって違いますが、約2時間です。(第3~7頚椎の場合) これに加えて麻酔をかけたり覚ましたりする時間が約1時間です。

手術後の過ごし方(第3~第7頚椎の場合)

  • 術後横になっているときも合併症の予防に手足を動かしてください。
  • 翌日から自分で寝返りをしていただき、通常2日後に歩き始めます。
  • 術後2週間は、歩くときにソフトカラーを着けます。
    これは頚を保護する目的で、動かないようにするためではありません。
  • 痛みが減ってきたら頚を積極的に動かしてください。
    動かさないと、手術したところが固まってしまい、痛みの原因になります。
  • 手術後は、体力が衰えないようにリハビリを行います。
  • 通常2週後に退院です。
  • 病状や、ご希望によりリハビリ入院延長も可能です。

退院後の過ごし方

  • 自動車に乗るときだけは、手術後2ヶ月間カラーを着けてください。(予想外の事故からの保護です。)
  • 家事仕事程度の作業は退院後すぐに行ってかまいません。
  • 仕事は、デスクワークであれば手術後4週後から、重労働は年令によって手術後2~3ヶ月から可能です。(骨が完全に固まるのに2~3ヶ月かかります。)
  • 重たいもの(両手でないと持ちあげられないもの)を持ち上げるのは年令によって手術後2~3ヶ月以降にしてください。

退院後の過ごし方

  • 平林の執刀では、手術自体で脊髄を傷めたような合併症はこれまでにありません。
  • 全身麻酔をかけて手術を行うことにより、全身的な合併症の危険性は多少あります。これは、安静で下肢の静脈に出来た血栓が、歩き出したあと血流に乗って肺の血管に詰まる「肺塞栓」や、脳や心臓が動脈硬化や血管の奇形のために詰まる「脳梗塞」「心筋梗塞」などです。
    こういった合併症は、高齢の方、太っている方、糖尿病の方、肺や心臓の病気を持っている方、以前に脳梗塞や心筋梗塞になったことがある方は危険性が高くなります。
  • その他に可能性は低いですが、創の感染、顔面の床ずれ、高齢の方で一時的な認知症の出現や増悪などです。
  • 術後脊髄が圧迫から解放されて後ろに移動するため、神経根が引っ張られて術前にはなかった手のしびれや腕の脱力などが出ることがありますが、通常は数週から数ヶ月で回復します。

症状の改善について

  • 症状がどれくらい良くなるかは個人差(年齢、術前の重症度、発症してからの期間に関連します)が大きいですが、平均すると自覚症状は術前の約2-3割程度になると思われます。 ただし全部治ることはまれです。
  • 交通事故による発症の場合、通常よりも回復の程度が劣ります。
    (それでも術前よりは改善する可能性は高いです)
  • 回復はすぐに分かる部分もありますが、直後は残っていても1年くらいかかってゆっくり回復することもあります。

診療時間

診療時間
9:00~12:00



(●)
14:00~18:00
(●)

休診日:日・祝
●平林診療 要予約(電話)
(●)第1.3土曜AM 金曜PM隔週

⇒詳細はこちら

アクセス

〒302-0128
茨城県守谷市けやき台2-12-18
関東鉄道常総線 南守谷駅徒歩6分

⇒詳細はこちら